新型コロナワクチンを接種した

自治体募集のワクチン接種予約サイトで予約した。私が予約した直後に締め切りになった。実は前回の募集では失敗した。今回は募集開始時間にリロードしまくってなんとか予約に成功した。良かった。でも予約に失敗した人がいることを思うと心苦しい。
予約サイトのユーザーインターフェイスもイマイチで機械音痴の人は大変だろうなと思った。

ワクチンの種類はモデルナ。一回目の予約をすると自動的に二回目も予約される。きっちり4週間後に二回目を打つと決まっている。

 

一回目接種
午後4時の予約で4:03分に会場に到着した。3分遅刻した。早めに到着するようにすれば良かったのだが、早めに来ても待合室が用意されてないのでちょうどの時間に来るようにとの注意書きがあったのでちょうどの時間を目指して行ったら3分遅刻した。でも何事もなく受付された。

意外なことが2つあった。
1つはソーシャルディスタンスが甘かったこと。係員さん同士も離れてないし、接種直前の順番待ちの椅子も近接して置かれていた。接種後の待機部屋に置かれた椅子は1.5メートルくらい間隔があった。あと、窓は一切開いてなかった。定期的に窓を開けるとかしてたのかな。
もう1つ意外だったことは、係員さんが愛想良かったこと。お医者さん、看護師さん以外に係員さんが15人くらいいたけど、無愛想な人は一人もいなかった。全員公務員?民間人?、普通に考えてアルバイトの人だろうけど皆さん愛想が良かった。どうやって募集したのだろう。けっこうな人件費だと思うけど今後のワクチン接種でもこれだけの人件費をかけるのだろうか。

注射は痛くなかった。

注射後は15分様子を見るために待機部屋にいなければならなかった。ここで客層というかどういう人たちが接種しに来たかが分かったのだが、みんな自分より若い人たちだった。もしお年寄りがいたら予約に失敗した人の中にお年寄りもいたかもしれないということだから、それが気がかりだった。罪悪感を持たずにすんだ。

(当日夜8時、接種後4時間)
左腕の接種箇所に鈍い痛み。筋肉痛のような弱い痛み。心地いいくらいの痛み。

(当日夜10時、接種後6時間)
左腕の痛みが少し増した。体温36.5℃。接種直前の体温は36.2℃。頭痛がするようなしないような、普段からしょっちゅう頭痛がするのでワクチン接種との関係はわからない。

(当日夜中2時、接種後10時間)
さらに痛みが増した。でも我慢できる。

(翌日)
かなり左腕が痛い。接種箇所を中心として半径5cmくらいが痛い。斜め下45°までしか上がらない。

(翌々日)
痛みがたいぶ和らいだ。左腕が真上(180°)まで上がる。

 

二回目接種
(当日夕方5時、接種後1時間)
接種箇所がほんのり痛い。一回目の接種より痛みが出るのが早い気がする。

(当日夜7時、接種後3時間)
痛みがはっきりしてきた。憂鬱になってきた。

(当日夜11時、接種後7時間)
痛みが増してきた。斜め上45°(135°)までしか上がらない。体温37.0℃。就寝。

(当日夜中2時、接種後10時間)
尿意で目が覚めた。この後寝ても1~2時間おきに目がさめてしまうことになる。体温36.8℃。

(当日夜中4時、接種後12時間)
尿意と大汗で目が覚めた。強烈な寒気、体がぶるぶる震える、体温37.8℃。異様にポカリスエットが飲みたくなった。あらかじめ1.5リットルのを冷蔵庫に冷やしておいた。これは先行接種の先輩たちからのアドバイスによる。

(翌日朝8時、接種後16時間)
尿意と大汗で目覚め。寒気変わらず、体温38.8℃。今度はコーヒー牛乳が飲みたくなった。固形物は口に入れる気にはなれない。倦怠感というか、脱力感がすごい。体に力が入らない、ベッドから起き上がりたくない。

(翌日昼11時、接種後19時間)
尿意と大汗で目覚め。寒気は弱まった、体温38.1℃。倦怠感すごいまま。頭痛がしてきた。咳もほんの少し。

(翌日夕方16時、接種後24時間)
尿意と大汗で目覚め。体温38.3℃。頭痛が痛い。左腕の痛みが少し緩和した。水平(90°)まで上がる。倦怠感も少しやわらいだ。少しお腹が減ったのでサラダを食べた。接種後はじめての食事。

(翌日夜8時、接種後28時間)
体温38.0℃。左腕の痛みさらに緩和、斜め上45°(135°)まで上がる。たまに咳が出る。

(翌日夜中1時、接種後33時間)
体温37.7℃。左腕の痛みはほとんど消えた、真上(180°)まで上がる。頭痛が少しするが体はだいぶ楽になった。家事もできるし仕事もできる。

(翌々日朝9時、接種後41時間)
体温36.4℃。頭痛も消えた。

(翌々日夜7時、接種後51時間)
体温36.4℃。

 

全体的なこと
噂どおり副反応は二回目の方がひどかった。接種翌日はインフルエンザにかかったような苦しみだった。でも翌々日には平常に戻れた。モデルナアームのようなことも起こらなかった(私は男性)。
その他付記しておくことがあるとすれば、関節痛は起きなかった、解熱剤は飲まなかった。