新型コロナワクチンを接種した

自治体募集のワクチン接種予約サイトで予約した。私が予約した直後に締め切りになった。実は前回の募集では失敗した。今回は募集開始時間にリロードしまくってなんとか予約に成功した。良かった。でも予約に失敗した人がいることを思うと心苦しい。
予約サイトのユーザーインターフェイスもイマイチで機械音痴の人は大変だろうなと思った。

ワクチンの種類はモデルナ。一回目の予約をすると自動的に二回目も予約される。きっちり4週間後に二回目を打つと決まっている。

 

一回目接種
午後4時の予約で4:03分に会場に到着した。3分遅刻した。早めに到着するようにすれば良かったのだが、早めに来ても待合室が用意されてないのでちょうどの時間に来るようにとの注意書きがあったのでちょうどの時間を目指して行ったら3分遅刻した。でも何事もなく受付された。

意外なことが2つあった。
1つはソーシャルディスタンスが甘かったこと。係員さん同士も離れてないし、接種直前の順番待ちの椅子も近接して置かれていた。接種後の待機部屋に置かれた椅子は1.5メートルくらい間隔があった。あと、窓は一切開いてなかった。定期的に窓を開けるとかしてたのかな。
もう1つ意外だったことは、係員さんが愛想良かったこと。お医者さん、看護師さん以外に係員さんが15人くらいいたけど、無愛想な人は一人もいなかった。全員公務員?民間人?、普通に考えてアルバイトの人だろうけど皆さん愛想が良かった。どうやって募集したのだろう。けっこうな人件費だと思うけど今後のワクチン接種でもこれだけの人件費をかけるのだろうか。

注射は痛くなかった。

注射後は15分様子を見るために待機部屋にいなければならなかった。ここで客層というかどういう人たちが接種しに来たかが分かったのだが、みんな自分より若い人たちだった。もしお年寄りがいたら予約に失敗した人の中にお年寄りもいたかもしれないということだから、それが気がかりだった。罪悪感を持たずにすんだ。

(当日夜8時、接種後4時間)
左腕の接種箇所に鈍い痛み。筋肉痛のような弱い痛み。心地いいくらいの痛み。

(当日夜10時、接種後6時間)
左腕の痛みが少し増した。体温36.5℃。接種直前の体温は36.2℃。頭痛がするようなしないような、普段からしょっちゅう頭痛がするのでワクチン接種との関係はわからない。

(当日夜中2時、接種後10時間)
さらに痛みが増した。でも我慢できる。

(翌日)
かなり左腕が痛い。接種箇所を中心として半径5cmくらいが痛い。斜め下45°までしか上がらない。

(翌々日)
痛みがたいぶ和らいだ。左腕が真上(180°)まで上がる。

 

二回目接種
(当日夕方5時、接種後1時間)
接種箇所がほんのり痛い。一回目の接種より痛みが出るのが早い気がする。

(当日夜7時、接種後3時間)
痛みがはっきりしてきた。憂鬱になってきた。

(当日夜11時、接種後7時間)
痛みが増してきた。斜め上45°(135°)までしか上がらない。体温37.0℃。就寝。

(当日夜中2時、接種後10時間)
尿意で目が覚めた。この後寝ても1~2時間おきに目がさめてしまうことになる。体温36.8℃。

(当日夜中4時、接種後12時間)
尿意と大汗で目が覚めた。強烈な寒気、体がぶるぶる震える、体温37.8℃。異様にポカリスエットが飲みたくなった。あらかじめ1.5リットルのを冷蔵庫に冷やしておいた。これは先行接種の先輩たちからのアドバイスによる。

(翌日朝8時、接種後16時間)
尿意と大汗で目覚め。寒気変わらず、体温38.8℃。今度はコーヒー牛乳が飲みたくなった。固形物は口に入れる気にはなれない。倦怠感というか、脱力感がすごい。体に力が入らない、ベッドから起き上がりたくない。

(翌日昼11時、接種後19時間)
尿意と大汗で目覚め。寒気は弱まった、体温38.1℃。倦怠感すごいまま。頭痛がしてきた。咳もほんの少し。

(翌日夕方16時、接種後24時間)
尿意と大汗で目覚め。体温38.3℃。頭痛が痛い。左腕の痛みが少し緩和した。水平(90°)まで上がる。倦怠感も少しやわらいだ。少しお腹が減ったのでサラダを食べた。接種後はじめての食事。

(翌日夜8時、接種後28時間)
体温38.0℃。左腕の痛みさらに緩和、斜め上45°(135°)まで上がる。たまに咳が出る。

(翌日夜中1時、接種後33時間)
体温37.7℃。左腕の痛みはほとんど消えた、真上(180°)まで上がる。頭痛が少しするが体はだいぶ楽になった。家事もできるし仕事もできる。

(翌々日朝9時、接種後41時間)
体温36.4℃。頭痛も消えた。

(翌々日夜7時、接種後51時間)
体温36.4℃。

 

全体的なこと
噂どおり副反応は二回目の方がひどかった。接種翌日はインフルエンザにかかったような苦しみだった。でも翌々日には平常に戻れた。モデルナアームのようなことも起こらなかった(私は男性)。
その他付記しておくことがあるとすれば、関節痛は起きなかった、解熱剤は飲まなかった。

 

 

怪しいハンディクリーナーを買った

ちょっとした掃除のときにコードレスで小型のハンディクリーナーがあると便利かと思って、安いのをネットで探した。

このクリーナーがなかなかスペックがいい割に値段が安かった。

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074421j:plain

でも中国製。
値段は4000円。
楽天で見つけた。

●スペック(あちこちのWEBページを見て総合したデータ)
120Wモーター
9500pa-11000pa
USBケーブル充電
DC12V対応
2000mAh
約5時間でフル充電
標準モード:35分間稼働、パワフルモード:23分間稼働
HEPAフィルター
液体吸引可能?
37.5×6.5×6cm
約500g

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074424j:plain

もちろんサイズ、重量を確認してから注文したのだが、届いてみると意外と重いし大きかった。
手軽に使える感じではない。もっと小さい方が良かった。
でも吸引力がけっこう強かった。昔、パナソニックのハンディクリーナーを所有していたが吸引力が弱くてあまり使わずにいた。これは使えるかも。
いや音が大きい。部屋に誰かいるときは使いづらい。夜中に使うのも無理。
車内掃除機としてはいい商品かも。 

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074426j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074429j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315075644j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074437j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074439j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074443j:plain型号:CZK-6650 功率:120W

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074446j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074448j:plain

 取扱説明書は中国語で全然読めない。

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074452j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074402j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315080549j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074409j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074413j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20210315074417j:plain

電気毛布コントローラー部から緑色の物体_緑青?

冬は電気毛布を使って寝ているのだが、ふと電気毛布のコントローラーを見ると緑色のものが浮いていた。最近やけにコントローラーが熱いし、危険なのでこの電気毛布を使うのはやめることにした。

f:id:KurodaYoshiaki:20200208020541j:plain

で、いったいこの緑色のものはなんなのか。銅が錆びるとこのような色になるんだっけ?

検索してみた。
「電源コード 緑色 さび」で検索。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7222832.html
「緑青(ろくしょう)という錆です。コンセントの中の金属は、真鍮という金属で、亜鉛と銅の合金です。鉄ではないので赤い錆にはなりませんが、電気の通りが悪くなったり、発熱の危険があることには変わりがありません。」

http://www.isotopes.jp/publics/index/54/detail=1/b_id=168/r_id=150/
「これは電線の被覆に柔軟性を持たせるための可塑剤で、経年により劣化し液状化して漏れ出す事があります。」
「液状ではなく粉状なら緑青(ろくしょう)という錆です。」
「電気の通りが悪くなるため発熱し、火災を引き起こすの危険性があるので、早めのコンセントと電線の交換をおすすめします。」

https://okwave.jp/qa/q8066621.html
「湿気で緑青が出たのでしょう。湿気を少なく、結露等が無い様、温度変化を少なくすれば防げるかと。」

私のは粉がふいてる感じもないし、水がしたたるような場所に置いてあったわけでもないし、よくわからないが使うのは怖いな。

この電気毛布は7、8年前に2千円くらいで買ったものだが、電気屋に行ったら同じものが売っていた。1980円。よく見たらメーカー名が変わっていた。KODENというメーカーからYAMAZENというメーカーになってた。ものは同じだと思う。

f:id:KurodaYoshiaki:20200208020702j:plain

使ってみたら、コントローラー部の発熱は一切なかった。やっぱり買い替えてよかった。安心。

ウエルシア薬局セルフ血液検査、検体測定室を利用してみた

近年、薬局で自己採血による糖尿病検査ができるようになったとの記事を発見した。
http://www.self-medication.ne.jp/pro/2014/04/001389.php
献血でも糖尿病検査ができるようになっているらしい)
甘いジュースを毎日ガブガブ飲んでいるが糖尿病の心配はないのか。健康診断をちゃんと受けていればいいのだが前回サボってしまった。ということで糖尿病検査に興味を持った。

調べてみると、自宅でできる血液検査キットなるものがたくさん売っている。
Amazonにも売っている。
https://www.amazon.co.jp/DEMECAL(デメカル)-生活習慣病12項目-糖尿病セルフチェック/dp/B0091QO4EM
5千円から1万円くらいのものが多い。

そんな中で500円で検査を受けられるサービスを発見した。
ウエルシア薬局セルフ血液検査、検体測定室
http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/information/selfblood2.html
ヘモグロビンA1c測定 測定価格 500円(税込)
脂質測定 測定価格 500円(税込)(HDL-コレステロール、トリグリセライド、LDL-コレステロール

そしてこの検査が受けられる薬局を検索する中で、驚くべきことを発見した。
処方箋を24時間受け付けている調剤薬局がある。
http://as.chizumaru.com/welcia/detailMap?account=welcia&accmd=3&c1=1%2c2&c40=1&adr=13&bid=1270&pgret=2
ウエルシア薬局日本橋1号店
行ってみたい。ここで血液検査を受けよう。

行ってみた。
(本当は夜中に行ってみたかったけど・・)

f:id:KurodaYoshiaki:20190919222415j:plain

血液検査と書かれたカウンターがあるが受付の人が居なかったので隣の処方箋カウンターの店員さんに声をかけた。
「血液検査を受けたいんですけど」
「では同意書にサインしてください」
住所、氏名、電話番号を書いて渡すと、
「あちらへどうぞ」
と言われ、血液検査と書かれたカウンターに座らされた。
そしてWEBサイトで見たとおりのキットを取り出してきて、消毒用脱脂綿と小型針刺し器を渡された。
自分でやるのは指の消毒と針をカチッと刺して血を出すことのみ。血液の採取と測定器へのセッティングは店員さんがやってくれた。
一旦、待合ベンチに下げられ、3分後再び呼ばれた。
数値は5.4%。基準内(4.6~6.2%)だった。糖尿病ではない。
お会計500円。トータル時間10分。
手軽すぎる。
脂質測定もやるとするともうちょっと時間がかかると思う。
https://www.cocokarafine.co.jp/f/dsf_kentai
(ちなみに脂質測定は前回の食事から9時間以上でないと正確な値が出ないらしい)
しかし、ヘモグロビンA1c測定だけで、かつ先客が居なければ10分で終わる。

これがセルフメディケーションというやつか。合理的でいい。
日本が財政破綻に近づいてしまっている主因の一つが医療費の増大だ。どんどんセルフ化を進めて医療費を削減すべきだ。レントゲン撮影なんかも自分一人で撮影してしまえばいい。通常の血液検査も自分でやれるようになればいい。シャブ中の人なら簡単のはずだ。盲腸の手術も自分でやってしまえばいい。魚さばきや手芸が得意な人ならできるだろう。スーパー器用な人は脳腫瘍の手術も自分でやってしまえばいい。
これらが実現化すれば医療費は大幅に削減できるだろう。日本が財政破綻を回避するにはこれしかない。

 

最も小さい除湿機 日立HJS-D562 を買った。コンプレッサー式かデシカント式かハイブリッド式か。

今が6月だからといって梅雨のジメジメした湿気を解消したくて除湿機をというわけではない。今まで使っていた除湿機がたまたまこの時期に壊れてしまったのでやむを得ず、ということで買うことになった。

12年前に19800円で買ったナショナルF-YZB60。 

f:id:KurodaYoshiaki:20190617064106p:plain

写真はPanasonicのサイトからお借りした。私のは汚すぎて載せられない。

https://panasonic.jp/joshitsu/p-db/F-YZB60.html

二日前から焦げ臭い匂いが発生するようになった。使い続けると火を吹きそう…。古い機種なので修理は検討せず、新たに別製品を買うことにした。

除湿機には大きく別けて2種類ある。コンプレッサー式とデシカント(ゼオライト)式。以下にざっくりとした特徴を挙げる。(他にペルチェ式というのがあるが除湿能力がかなり低くてこれはまた別物)

●コンプレッサー式
 値段が高い
 電気代が安い
 除湿能力が高い
 冬になると除湿能力が下がる
 運転音が大きい
 重量が重い

●デシカント式
 ヒーターを使うので発熱する
 (他の項目はコンプレッサー式の逆)

どちらの方式を選ぶかはとても悩ましい。デシカント式は初期購入費用(イニシャルコスト)が安いのだが電気代(ランニングコスト)が高い。コンプレッサー式は除湿能力が高いのだが冬の寒い日はその能力が落ちる。

コンプレッサー式でも安いのがある…
冬、窓や玄関ドアの結露を防ぐにはデシカント式がいい…
運転音が静かな方がいい…

いろいろ悩むポイントはあるのだが、私が最も気にしたことは「大きさ」。
旧機種のナショナルF-YZB60は
高さ45.8cm×奥行19.0cm×幅34.9cm
で幅34.9cmが私にとっては大きすぎた。廊下に置いていたのだが結構邪魔だった。
最終的に決めたのが
高さ44.5cm×奥行17.4cm×幅26.9cmの
日立HJS-D562

f:id:KurodaYoshiaki:20190617064434j:plain

幅26.9cmはこの手の除湿機で一番小さい。狭い家にとって小ささは正義!

値段は 12,380円(税込送料無料)

他のスペックは(かっこ内は旧機種ナショナルF-YZB60)
【除湿方式】 デシカント式 (デシカント式)
【除湿能力】 5.6L/日 (5.8L/日)
【消費電力】 強460W/弱280W (強395W/弱200W) 電気代が上がるということだ…
【運転音】  強50dB/弱33dB (強48dB/弱30dB) 逆に小さくなったように感じるのだが…
【タンク容量】 1.8L (2.0L) なんでもっと大きくしないのだろう…水捨てるの面倒い
【質量】   5.3kg (5.4kg)  男性なら電気店から自転車で持って帰れる重さ

運転音が小さくなったのは良かった。カタログスペックとは逆だ。もしかするとdB数は大きくなっているが音の周波数が低くなっていてそう感じるのかもしれない。

あと甘酸っぱい匂いがするのだが、取説によるとこれは使っているうちに消えるらしい。本当かなぁ。ナショナルF-YZB60でも匂いはした。オイルのような匂い。運転ボタンを押した直後数分間だけ臭う。これは12年間直らなかった。

そして重大事実が判明したのだが、この機種、すごく熱い温風が出てくる。ナショナルF-YZB60も同じデシカント式だったがここまで熱くなかった。消費電力が増えた分はこれは内部ヒーターが大型化したのか。まあまあ驚くくらい熱い。デシカント式はヒーターで温めることによって除湿するらしい。そういえば除湿能力が高くなったような気がする。ガンガン水が溜まる。ナショナルF-YZB60よりもぜんぜん早い。これもカタログスペックと逆だ。しかしこれでは夏は使えない。使えないことはないが電気代が上がる。うちのエアコンは除湿能力が低くて、夏はエアコンと除湿機を両方点けることが多かったのだが、この機種でそれをやると室温が上がってしまう。まあエアコンは温度設定機能があるから室温は設定通りに抑えられるわけだが、電気代が上がってしまう。馬鹿馬鹿しい。いや!待てよ。除湿能力が上がったということは目標湿度に達する時間も短くなるということだから目標湿度に達したら運転を停止してしまえばいいのではないか。そうすればひょっとするとトータルで電気代は下がるかもしれない。どうなんだろう。夏になってみないとわからない。

今回機種を選ぶにあたって第二候補に挙がったのがコンプレッサー式の シャープ CV-H71 だった。最安値 ¥15,800(税込送料無料)。
サイズは
高さ48.0cm×奥行20.3cm×幅30.4cm
三辺ともちょっとずつ大きい。
プラズマクラスター機能が付いているのが魅力だった。ネットでプラズマクラスターは要らないという書き込みをいくつか見たが、私的にはこれはオススメの機能。喘息、花粉症の人には特に。

結局これより小さい 日立HJS-D562 を選んだ。

今回私は「大きさ」で機種を選んだのだが、除湿機選定でもっとも悩むのがコンプレッサー式にするかデシカント式にするかだろう。私もいろいろ検索して考えまくったがどっちが正解か今でもわからない。これは除湿機にとって永遠のテーマかもしれない。

と、そこで登場したのがパナソニックのハイブリッド方式。コンプレッサーとデシカントの両方が組み込まれている。しかし値段が倍なので、これは双方一台ずつ買うのと変わらないんじゃない?と思ったりする。
やっぱり悩ましい。

 

 

(追記)
新機種は「すごく熱い温風が出てくる」と書いたが、部屋の湿度が50%になると常温の風に変わることに気づいた。常温の風ということは内部のヒーターは作動しておらず、電気代もあまりかかっていないと考えられる。
旧機種のナショナルF-YZB60でもこのような「おまかせ運転機能」はあったが、これは弱運転では作動しない仕様だった。私は弱運転でないと音がうるさくて嫌なのだ。それなので湿度が高い日は運転して湿度が低い日は運転しないという運用をしてきた。
こんどの新機種日立HJS-D562は弱運転でも「おまかせ運転機能」が作動する。これならば湿度を確かめることなく毎日運転してしまえばいいのではないか。湿度が低い日はヒーターが作動せず、電気代もかからないと予想される。
タイマー機能についても新機種では何も設定しなければ10時間で切れる仕様になっている。旧機種でもこの機能はあったが、やはりこれも弱運転では作動しなかった。
つまり今度の新機種では、毎日朝起きたら運転ボタンを押して、あとは放置、という運用でいいような気がする。外がカラッと晴れてて窓を開ければ除湿機のスイッチを入れる必要がない日でもとにかく運転ボタンを押してしまっていいのではないか。
この運用方法でも電気代は上がらないのではないか。ヒーターの作動時間次第だろうが、つまり熱風が出てる時間と常温風の出てる時間がどのくらいの割合かということだろう。熱風か常温風かは吹出口に手を当てて確かめなければならないが、それらが切り替わるときには内部でカンッと音がするので、しょっちゅう手を当てなくても気づくことはできる。

とりあえず、毎日朝起きたら運転ボタンを押す、あとは放置、という運用で電気代が上がるかどうかを確かめてみることにしよう。

 

 

(2019/09/18追記)
3ヶ月経ったので電気代の傾向がハッキリした。結論としては電気代はまったく上がらなかった。旧機種を使っていた去年とまったく同水準。朝、スイッチを押して10時間自動運転するという運用をしてきて去年より稼働時間が増えたはずだが電気代は変わらなかった。消費電力のカタログ値も新機種の方が大きいはずだが変わらなかった。

気になるのはニオイ。3ヶ月経ったがオイル臭は消えてない。このままずっと消えないと思われる。我慢できるかできないか微妙なラインのニオイ。私はキッチンに置いているのでキッチンにいるときだけしか気にならないが、ベッドルームで使うとしたら問題になるかもしれない。

けれどもトータルでは大満足の商品。なにより小さくて邪魔にならないのがいい。お勧めの商品です。

 

 

(2020/02/08追記)
異音が発生することがある。カタカタカタという音。半日か一日で直る。けど音が鳴っている間はかなり気になる。

ニオイは消えた。使い始めて半年くらいで消えるということだ。まさか内部の潤滑油が切れてニオイは消えたが音が発生するようになったということはあるまいな?

耳鳴りに苦しむ

初日
風呂から上がって椅子に座ったら耳鳴りがした。鳴り止まない。両耳とも鳴ってる。高い音。左耳の方が大きい、音程も高い。音がこもっている感じはない。聴力は問題ないと思う。めまいも頭痛もない。脈拍と同調していることもない、音量は一定。
そういえば2週間くらい前から耳鳴りがするときにその音量がやけに大きかった。しかしそれは右か左か片方で、鳴ってる時間も5秒~10秒くらいだった。

なにが悪いんだろう。最近暖かいので暖房をつけなかったからか。靴下も二重に履くのをやめて一重にしていた。風邪気味なような気もするが、そうなら暖房つけたくなるし厚着もしたくなるはず。そういえば最近睡眠時間が短い。5時間以上寝れない。いや4時間くらいか。なぜか朝早くにバッチリ目が覚めてしまう。あるいは前屈ストレッチが原因の可能性もある。ギックリ腰対策としてここ一週間くらい前屈をして30秒くらいキープするというのを朝晩やっている。前屈している間は頭に血が昇っている。耳に影響したか。他に、よくあるいわゆる「ストレスが原因」というのがあるが、当てはまらないと思う。ストレスは特にない。心配事もない。イヤホンで大音量にして音楽を聴くこともない。いつも小さめの音を心がけている。コンサートも行ってない。10年くらい行ってない。

 


二日目
朝起きても治ってない。やばい。頭がカッカしてる。自律神経がイカれてるのか。
暖房を入れるようにした。前屈ストレッチはやめた。

耳鳴りの原因は、耳の病気、神経・脳の障害、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、睡眠障害、薬の副作用、毛染め剤、薬物中毒、加齢、ストレス、大きな騒音、耳垢などが考えられるらしい。
世界の人口の10~15%が耳鳴りを感じているらしい。日本の人口の約2~3%、約300万人が重い耳鳴りの症状に苦しんでいるらしい。

耳鳴り関連情報サイト
https://www.bee-lab.jp/yobouigaku/03/index.html
https://www.google.com/search?tbm=bks&q=耳鳴り+坂田英明
https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/tinnitus/
https://www.memai-miminari.com/tinnitus-clinic
https://www.widexjp.co.jp/hearing/tinnitus_vertigo/situation.html
https://www.asagei.com/excerpt/72010
http://get50.net/miminari2/index.html

 


三日目
耳鳴り治らない。

集中してTVを見てる時や本を読んでる時、ネット記事を読んでいる時は耳鳴りは感じない。人と喋っている時も感じない。歩いている時は少し感じる。歯磨きの時、入浴の時も少し感じる。強く感じるのは椅子に座った時。座って1、2秒すると耳鳴りが徐々に大きくなっていく。PCを立ち上げてネット記事を読み出すと耳鳴りを忘れる。そして耳鳴りで一番困るのが就寝時。意識が落ちていくとともに音が大きくなっていく。爆音に感じる。大げさかもしれないが恐怖を感じる。眠気が強ければそれを乗り越えて寝れるが、眠気が弱ければ寝ることができず起き上がるはめになる。そして強い眠気が来るまでひたすら待つ。

ネットを検索すると、難聴もめまいも伴わなず、両耳という耳鳴りは珍しいようだ。情報が少ない。
突発性難聴になったら、48時間が勝負」という話がtwitterで話題になったようだが、実際にはベストなタイミングが2日以内、できれば1週間以内、遅くても2週間以内、ということのようだ。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/18/news094.html
http://www.ohkawara-clinic.com/column/nancho2.html
そして私の症状は突発性難聴とはかなり違う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/突発性難聴

 


四日目
朝から耳鳴り。治らない。
ちょっと風邪っぽい気もするので念のため体温を測ってみた。36.9℃、私にとっては平熱。

耳鳴りに効くというツボ、顎の付け根、うなじ、などを押してみるが効果なし。首も肩も凝っているということはない。一年くらい前から毎日ストレッチをやっていて、首まわり、肩まわりも入念にやっている。

 


五日目
朝、ななんと耳鳴りが軽減している。10分の1くらいの音量になっている。これなら我慢できる。このままゼロになるかもしれない。すがすがしい。幸福感を感じる。

いや10分後、左耳が少し鳴り出した。3時間後、左耳がはっきり鳴り出した。その2時間後、右耳も少し鳴り出した。憂鬱。

アニリン色素というものが耳鳴りの原因になるとの記述を見つけた。毛染め剤に含まれているらしい。そういえば2ヶ月前までの3ヶ月間、白髪染めを使っていた。白髪染めというかシャンプー後に使うトリートメント、ビゲンカラートリートメントという商品。でも成分表にはアニリン色素という文字はない。ドラッグストアのヘアカラー商品棚を見て回ったがアニリン色素という文字のある商品はない。アニリン色素には別名があるということなのだろうけど検索しても分からなかった。
http://xn--lckycaa8jwbi8ewdc.biz/bigencoler.html
このサイトがこの商品についてかなり詳しくレビューしているが、アニリン色素というワードは出てこない。代わりにジアミン系というワードが出てくる。アニリンとジアミンが同じもののことを指しているなら話は早いがどうやらそうでもないようだ。記事中にも「使う頻度によっては蓄積しやすいので、注意したほうがいいかもしれません。」という記述と同時に「ビゲンカラートリートメントは、特に注意が必要な危険成分はありません。」という記述もあり、どっちなのかよく分からない。
アニリン、ジアミン、検索しても分からないし、どの商品に含まれていて、どの商品に含まれてないのか、分からない。アニリン色素が耳鳴りの原因になりうるという記事を書いている人は何という名前の成分のことを指して言っているのだろう。どの商品のことを指しているのだろう。

 


六日目
朝から耳鳴り。昨日朝、一時的に改善したのはなんだったのか。

一年ほど前から高血圧と診断されるようになったが、これが原因か。塩分は控えるようにはしているが、今日からは運動不足解消のため、なるべく階段を使うようにしよう。人目のない所では歩かず小走りしよう。
あと、カフェインが良くないらしいから今日からコーヒーをやめて麦茶にしよう。実は雪印コーヒーを毎日1リットル飲んでいる。安物のコーヒーだからカフェインも大して入って無いんじゃないかと思い、3ヶ月くらいガブガブ飲んでいた。これを麦茶に変えよう。タバコはもともと吸わない。若いとき数年間だけ吸ってた。お酒は飲まない、飲めない。

 


七日目
耳鳴りが小さい。頭の中央から聞こえる。2時間後、耳鳴りがほとんど聞こえない。治ったか?耳鳴りの原因はコーヒーだったか?すがすがしい。幸福感を感じる。

昼過ぎ、左耳が鳴り出した。治ってない。憂鬱。

近所をマラソンしてきた。300mくらいだけど。

風呂に入って買い物してきた。ここまでは中程度の音量だったが、椅子に座ったとたん大きく鳴り出した。午前中まで調子良かったし、その後も音量が中程度だったのに。再発か。そのまま我慢して寝る。

 


八日目
朝から大きめの耳鳴り。左耳だけ。いや右耳も小さく鳴ってるか?左耳の音が大きくてよく分からない。
カフェイン抜きは耳鳴りに効果ないのか。どうしたらいいか分からない。病院行かなきゃいけないのか。行くとしたら耳鼻科ではなく脳神経外科とかなのか。

YouTubeに耳鳴り対策用の音源というものがある。
https://www.youtube.com/watch?v=3103zDL3a-o&list=PLO3xH0xEhq6POi-s-BHD06kqGRfC38kRr&index=7
https://www.youtube.com/watch?v=nKo4jYDO9FQ
https://www.youtube.com/watch?v=TJm8GD5VkTA&list=UU1aPjcTmaNVD61IVmh0OoBg
耳鳴りが聞こえるくらいの小さい音量で聴くらしい。「良い」というコメントがあるが、音源を聴いている時だけ耳鳴りが小さくなるという意味なのか聴き終わった後に耳鳴りが治るという意味なのか分からない。悪化するというコメントもある。情報商材っぽいうさんくさいのもある。ジムに行ってトレーニングすると治るとのコメントもある。
確かに聴いている間は耳鳴りが小さく感じるが、聴き終わった後、耳鳴りが大きくなってしまった。医者に行かずに治せれば楽だが怖い感じもする。

http://onlinetonegenerator.com
このサイトは色々な高さの音を鳴らすことができる。試した所、聴力に問題は無さそう。高音も低音も右耳も左耳も聞き取れる。

自宅のトイレのタンクに水が溜まる音が耳鳴りを消す気がする。特に満杯になる直前の音がいい。耳鳴りが消える。これがTRTというやつか?でもTRT療法って、本質的な解決方法ではないような感じがする。体臭をごまかすために強い香水をつけるような。体臭の原因を取り除くという感じではない気がする。トイレが水に流してくれるのは排泄物だけのような気がする。

10年間くらいぎっくり腰に悩んでいたが腰のストレッチを朝晩やることによって大幅に改善された。単純なことで簡単に改善した。耳鳴りにもそのような対策法がないものか。
よく考えてみると、耳鳴りの研究は難しいかもしれない。マウスで実験できなさそう。測定が難しそう。耳鳴りは主観的なものだから。耳鳴り対策の決定打が発見されるのは当分先だろう。

 


九日目
だめだ、朝から耳鳴りだ。音がでかい。
一時間後、音が小さくなった。と思ったら大きくなってきた。大きくなったり小さくなったりする。
さらに一時間後、左耳の音がかなり大きくなった。だめだ、もうこうなったら医者に行くしかない。個人医院でなく病院の耳鼻科に行こう。

「耳内はきれい」と言われた。聴力検査は異常なしだった。骨伝導検査も異常なし。右耳も左耳も高音も低音も異常なし。この場合、ステロイドは処方しないそうだ。原因は不明。病名は耳鳴症じめいしょうとのこと。そのまんま。ビタミン剤を処方すると言われた。メコバラミン錠500トーワとアデホスコーワ顆粒10%。メコバラミンビタミンB12を補って神経に働くらしい。アデホスコーワは血管拡張作用により血流を増加させるようだ。検索してみると良くは分からないが、メコバラミン=メチコバール=B12 という感じで、アデホスコーワ=トリノシン=ATP という感じっぽい。これらを2週間飲んで様子見だそうだ。治らなかったらどうしたらいいのだろう。TRT療法になるのか。TRT補聴器は一生手放せなくなるのか。不安。

f:id:KurodaYoshiaki:20190515213550j:plain
病院でのお会計は4千円だった。このうち2千円が初診時選定療養費。大きい病院にかかるときの特別の費用。近年始まった制度。薬局でのお会計は800円。総計4800円だった。これにはホッとした。一万円くらいかかることを覚悟していた。CTスキャンMRIも注射も何もしなかったからだ。良かった。いや注射でも打ってスッキリ治る方がいいのだが病院へなかなか行かなかった理由がお金だった。もし個人医院へ行けば初診時選定療養費がかからないからもっと安かったはずだ。耳鳴りで悩んでいてお金が無いという人も意外と安く済むかもしれないから早めに受診した方がいいと思う。

なんだか今日は耳鳴りの音の大きさが激しく変わる。九日目にして始めての経験。

耳鳴りが鳴り始めたらわざと気をそらして耳鳴りを忘れるよう努力しているが、わずかかもしれないが適応できてる気がする。いつの間にか耳鳴りを感じなくなっている。でもリラックスすると鳴り出す。

 


十日目
朝、ゆっくり目を覚ますことができた。これまでは朝の目覚めの瞬間からばっちり目が冴えて頭がカッカしてた。今日は起き上がった後もポーとしている。10日ぶりに通常の目の覚め方に戻った。ひょっとして自分以外の他人に耳鳴りを告白して気が楽になったのかな。
耳鳴りの音量は中程度。大きくなったり小さくなったりする。これは調子いいときのパターン。耳鳴りがでかいときは音量が一定。
今日も、耳鳴りが鳴り始めたら他のことを考えて気をそらそう。「気ぞらし作戦」。デスクトップパソコンのファンを音を気にするようにすると耳鳴りが軽減する。
昼過ぎ辺りから左耳の耳鳴りが大きくなった。大きさ一定。気ぞらし作戦が効かない。

https://www.asagei.com/excerpt/72010
この記事の抜粋・・
本人にとってはやっかいな耳鳴りですが、医学的には大した病気ではありません。
耳鳴りの治療は「気にしないこと」です。
現代医学では耳鳴りを完全に治す方法は存在しないのです。
「ザ・ザ・ザ・ザ」という拍動性の耳鳴りが聞こえると脳動脈瘤の可能性があり、これは医者にかかるべきですが、「キーン」や「ジーン」という耳鳴りは、単なるノイズ。会話にさえ困らなければ放置して大丈夫です。
耳関係で怖いのは「突発性難聴」です。

 


十一日目
今朝もポーとした感じで目を覚ますことができた。耳鳴りの音量は小さい。このまま良くなっていきそう。気が楽。

家の近所にて300mマラソンをしてきた。家に帰って来たら耳鳴りが大きくなっていた。強くて一定の音。マラソンは逆効果?

夜、寝る時間になっても耳鳴りの音大きい。寝る用意をしてリラックスするとさらに耳鳴りが大きくなる。この状態で寝なければならないの辛い…

 


十二日目
目覚めの瞬間から目が冴えて頭がカッカしてる。学生時代の夢を見た。現実では人に怒ることなんてなかったのに夢の中では友人に対して怒ってた。攻撃的になってる。こんな感じの朝の目覚めは3日ぶりだ。元に戻ってしまった。耳鳴りの音量は中程度で一定。左耳の方が大きめ。
コーヒー抜きを始めて○日目。トイレ(大)の回数が増えてトイレ(小)の回数が減った気がするのだが、コーヒーの代わりに飲み始めた麦茶のせい?それともコーヒーに下痢止め効果があったのか。

TVを見る時イヤホンを使っているのだが、これをヘッドホンに変えれば耳鳴りが良くなるかもしれないと思い、100均でヘッドホンを買ってきた。しばらく試して様子をみよう。

 


十三日目
夜中に目覚めてしまった。二時間しか寝れてない。珍しく右耳の方が大きい音。と思いきや20分経つと左耳の方が大きくなった。音量は一定でない。
一度目覚めてしまうと二度と寝れなくなるのが最近のパターンだが、二度寝に挑戦しよう。椅子に座って眠気が来るのをじっと待つ。

なんと二度寝ができた。耳鳴りの音量も小さい。左耳のビーという音、右耳のシーという音、真ん中のウワンウワンという音が聞き分けられる。普段は左耳の音が大きくてそれらが聞き分けられない。しかも今日の左耳のビーという音は音量が一定ではない。一定でないときは調子いい時。調子悪い時は大音量で一定の音。

今日もマラソンをした。今日は300mではなく500m。

夜になって耳鳴り音が大きくなってしまった。憂鬱。

 


十四日目
耳鳴り中程度。大きくなったり小さくなったりする。

午後、両耳共、音が大きくなった。今日はマラソンをやめてみよう。

夜になって左耳の音量が大きくなった。
だいたい夜になると耳鳴りが大きくなる。そして寝る前にリラックスするとさらに大きくなって爆音になる。耳鳴り音が小さいときというのはだいたいが朝、起床直後。起床前も起床直後も副交感神経が優位になっているはずで、どちらも優位になっているはずの時間帯に音量に違いがあるということは副交感神経は耳鳴りと無関係ということか。

 


十五日目
耳鳴り小さい。いつもの5分の1くらい。左耳にシーというベース音があって、その上にピーという音が鳴ったり止んだりしている。右耳はまったく鳴らない瞬間がある。うれしい。今日もマラソンはやめておこう。

午後になって耳鳴りが大きくなってきた。

夕方、しっかりした音量になってしまった。しかし音量が一定でなく変化する。

 


十六日目
耳鳴り小さい。二日連続で小さいのは初めて。治ったのか?治るのか?

夜、やっぱり大きくなってしまった。音量は変化する。

トイレタンクの水が溜まる音を聴いても耳鳴りが消えない。大通りを歩いていても消えない。今日は音がでかい。

左も右も爆音。

 


十七日目
左も右も爆音。だめだ治ってない。悪化してる。

夜になって右耳の音が小さくなった。普段は夜になると悪化するのだが。今日は歩き回る用事が多くてそれが良かったのかな。やっぱりマラソンはやった方がいいかな。

左耳も小さくなった。

 


十八日目
8時間寝れた。こんなに長時間寝れたのは一ヶ月ぶりくらい。音も小さい。8時間寝たから音が小さいのか、音が小さいから8時間も寝れたのか分からない。

 


十九日目
なんとまた8時間寝れた。二日連続で8時間寝れたのは何年ぶりか。いや何十年ぶりか。耳鳴り音は大きい。左耳が大きい。一定の音。睡眠時間が多ければ耳鳴りが小さいということはないようだ。あと、夢を見た。まだ一度も会ったことがない従兄弟がいるという夢。起き上がってからも内容をはっきり覚えている。大人になってから夢をあまり見なくなったが、耳鳴り発生以降、夢をよく見るようになった。レム睡眠ばかりだ。ノンレム睡眠はとれているのだろうか。

今日はマラソンをしてみた。

 


二十日目
ななんとまたまた8時間寝れた。三日連続で8時間寝れるなんて子供のとき以来だ。耳鳴り音は小さい。音量が変化する。昨日のことを考えると耳鳴り音が小さいから寝れたということはなさそう。となると長時間寝れたのはカフェイン抜きのおかげかもしれない。三日連続で夜中にトイレに起きなかった。カフェインの利尿作用は想像以上に大きかったのかもしれない。カフェインのせいで夜中にトイレに起きる、そのとき耳鳴りがして再度寝付けなくなる、というのが今までの不眠症のパターンだったのかもしれない。

あともしかすると、水分摂取方法の影響があるかもしれない。私はお腹を下しやすい体質で、なんとか改善できないか工夫してきた結果発見したのが、水をごくごく飲まずにチビチビ飲むということだ。2、30分おきに一口だけ水を飲む、決して二口以上飲まない、すると格段に下痢をしにくくなる。特に最近これを徹底していた。このことが大腸だけでなく膀胱にも影響したのかもしれない。

いやそれともカフェイン抜きのせいで水分摂取願望が減っただけかもしれない。一日の総水分摂取量が減った気がする。のどが乾きにくくなった気がする。

いずれにしても、カフェイン抜きかチビチビ飲みかどちらかのおかげで睡眠が大幅に改善された。耳鳴りに苦しむ中で不幸中の幸いだ。

夜になって爆音。

 


二十一日目
夜中に爆音で目が覚めた。右耳の方が大きい。いつもなら耳鳴りに気付いた時点でバッチリ目が覚めてしまい二度と寝付けないのだが、今日は再び眠ることができた。起き上がらずに我慢していたらそのまま寝れた。
そして、なななんとまたまたまた8時間寝れた。これで四日連続。奇跡だ。完全に体質が変わった。カフェイン抜きかチビチビ飲みかどちらか、あるいは両方の影響が予想以上に大きいようだ。耳鳴りというハンディを背負ってしまったが睡眠改善というアドバンテージも得たようだ。

耳鳴り音は小さい。

あと最近、気圧を気にしているが、気圧と耳鳴りには関係性がないように感じる。
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-44132.html
このサイトで気圧を確認しながら耳鳴りの状態をみているのだが、相関関係はないように感じる。台風でも来て超低気圧になったときに耳鳴りが悪化すれば相関関係を確認できるが、最近の気圧の変動は10hPaくらいなので相関関係を察知できないだけかもしれない。

夜、耳鳴り音が大きくなってしまった。かなりでかい。

 


二十二日目
7時間寝れた。耳鳴り小さい。低気圧が来ているのに耳鳴り小さい。やはり気圧は関係ないようだ。

午後になって左耳が爆音になった。

 


二十三日目
二時間で起きてしまった。再び寝れるのか。耳鳴り音は中程度。

二度寝できた。だいぶ時間がかかったがなんとか眠気が来た。合計で8時間くらい寝れた。耳鳴り音は小さい。

寝てるときに気付いたのだが、横を向いた時に耳鳴りが大きくなる気がする。耳を圧迫することが悪いのではないか。横を向いた時に耳を圧迫しないような体勢をとると大きくならない気がする。横向きで寝る時に耳が枕につかないような体勢。頭の先だけを枕につけて、耳は宙に浮かす感じ。難しいが。

今日で二週間分の薬は終わってしまった。薬の効き目は無かったといっていいと思う。

夜になっても耳鳴り音が小さい。こんなことは初めて。

 


二十四日目
8時間寝れた。不眠症は完全に解消したようだ。右耳の耳鳴りが聞こえない。左耳は聞こえるが音量が中程度。

午後になって右耳も鳴り出した。

夜、風呂から上がったら両耳とも爆音になってしまった。

 


二十五日目
6時間寝た。音量は中程度。

朝目覚める時、右耳を思いっきり圧迫してしまっていた。右耳の耳鳴りがひどい。しかし寝る体勢を左向きに変えてしばらく経ったら右耳の音は小さくなった。耳を圧迫すると耳鳴りが悪化するというのは耳を圧迫している最中だけで、圧迫してない時も含めて悪化するかどうかとは無関係の可能性もある。つまり耳の圧迫に気をつけていても耳鳴症が良くなるとは限らないかもしれない。

午後になって左耳が爆音になった。

夜、爆音で寝付けない。

 


二十六日目
昨夜、いつ眠りについたのか分からない。しかし寝れてよかった。耳鳴り音は小さい。昨夜爆音だったのになぜ今朝は小音なのだろう。

午後になって右耳が大きくなった。しかし左耳は小さいまま。

 


二十七日目
6時間寝た。音量は小さい。

夜になって左耳爆音。

 


二十八日目
近隣がうるさくてなかなか寝れなかった。耳鳴りは中程度。

サプリメントを買ってきた。ビタミンB12

f:id:KurodaYoshiaki:20190515213715j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20190515213725j:plain

f:id:KurodaYoshiaki:20190515213733j:plain

耳鼻科で処方された2つの薬のうちのメコバラミン錠の代わりのつもり。代用できるものかどうか分からないし、処方された薬は効き目が無かったように感じるので無意味かもしれないが、ビタミンB12サプリメントが薬局で売っていたので買ってみた。680円(税抜き)。ビタミンB12は飲みすぎても大丈夫らしい。試してみる。

 


二十九日目
3時間しか寝れてない。しかし音量は小さい。いや、数十分後に左耳の音量が大きくなった。

今日で耳鳴り発生から四週間経った。耳鳴りは一生続く気がする。

午後になって左耳爆音。

 


三十日目
4時間しか寝れなかった。眠り方を忘れてしまった。起きた時の音量は小さい。数十分後、右耳の音量が大きくなった。

夜、左耳爆音。

 


三十一日目
4時間寝た。音量大きい。音量は変化する。

二度寝を試みたら寝れた。3時間寝れた。合計7時間。音量は小さくなっていた。

夜、左耳爆音。

 

 

三十二日目
5時間寝た。音量小さい。

 


三十三日目
5時間寝た。音量小さい。

耳栓を買ってきた。ダイソー、2組入り100円、半透明。

f:id:KurodaYoshiaki:20190515213811j:plain

朝は耳鳴りが調子よくて、夜調子悪い、ということは昼間の騒音で耳が疲れているのではないかという仮説を立てた。なるべく耳栓をしながら一日を過ごしてみる。

 


三十四日目
5時間寝た。音量小さい。

 


三十五日目
7時間寝た。音量小さい。耳栓の効果は分からない。
耳栓を両方に付けるのではなく左耳だけにして、効果がはっきり分かるようにしよう。そもそも両耳につけるのは危ない。道を歩いているとき後ろから来る自転車に気づけない。

夜になって左耳爆音。耳栓は効果無いかも。

 


三十六日目
夜中に爆音で目が覚めた。そのまま起き上がらずに我慢していたら再び寝れた。6時間寝た。耳鳴り音は中程度。

昼頃数分間、右耳超爆音。ビビる。

夜、両耳爆音。

 


三十七日目
7時間寝た。音量は中程度。

耳栓は止めた。付けたり外したりが面倒くさい。効果も感じない。

家に帰ってきて、やること全部済ませて、あとは寝るだけ、という状態になると耳鳴りが爆音になる。だいたい毎日このパターン。

横向きに寝るとき、枕が耳を圧迫しないようにすると耳鳴りが軽減することに気づいた。タオルやら服やらを頭と枕の間に挟んで耳を宙に浮かす。耳の後ろあたりの柔らかい所も圧迫しない方がいいようだ。これらがうまくいくと翌朝の音量が小さい。

 


三十八日目
8時間寝た。久々の8時間。しかし音量大。

原因を特定するためにここまで記録をつけてきたが、それは叶わなかった。耳鳴りはどうやら治らないようだ。一生の付き合いになるかもしれない。ここで一旦日記は止めようと思う。また何か大きな変化があったら続きを書くことにしよう。

 

 

 

 

(2019/09/18追記)
耳鳴りの状況に変化はない。いや若干悪化しているかもしれない。音量が大きくなった気がする。聴力低下はない。

今現在はサプリメントは飲んでない。ランニングはしている。一日置きにしている。おかげで高血圧が解消された。でも耳鳴りは治ってない。高血圧と耳鳴りは関係ないのかもしれない。

耳鳴りの傾向としては、8時間以上寝れた日は音量が小さい。耳鳴りのことを忘れるくらいの音量になる。でも8時間以上寝れる日はめったにない。しかも8時間寝たら次の日はなかなか寝付けず結局睡眠不足になって音量が大きくなる。難しい。

あと、横向きに寝たときに枕で耳を圧迫しない方がいい気がする。タオルなどを使って頭頂部やもみあげ部を支えて、耳自体を圧迫しないようにしている。

ネットで耳鳴りについて色々検索しているが、耳鳴りが完治したというブログ記事が見当たらない。耳鳴り解説サイトにおいては3割くらいの人は耳鳴りが治ると言っているが嘘なのではないか。本当は耳鳴りは治らないものなのではないかという疑念が湧いてきている。

 

 

 

 

(2021/03/15追記)
さらにほんの少し悪化した気がするが状況に大きな変化はない。
初診以来、病院には行ってない。
悪化しているかもしれないが耳鳴りに慣れてしまった。
耳鳴りが気になるのは、目覚めてから起き上がるまでの間、椅子に座って落ち着いた瞬間、トイレの大きい方をするときに座った瞬間、ベッドに入ってから寝落ちするまでの間。これくらい。
その他の時間は気にならなくなった。